スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みかんキャンドル&マドレーヌ作り

12月のチャレンジャーくらぶは

『みかんキャンドル』と『マドレーヌ』を作りました。


★みかんキャンドル★

みかんキャンドル2


どのように作るのかというと・・・

みかんキャンドル5


みかんの半分より下にぐるりと切り込み入れて、
皮を壊さないように中身を取りだす。

これが難しい!!

ロウソクを潰して、芯とロウとにわけて、
ロウは湯せんで溶かす。

芯はみかんの大きさに合わせて適当な長さに切っておく。

芯は割りばしで挟んで固定して
溶かしたロウを流して固めます。



<<その間にマドレーヌ作り>>

ホットケーキミックス
はちみつ
バター
牛乳

で生地を作ってアルミホイルに流しこんで

刻んだチョコレートや干しぶどうを入れて焼きます。



<<マドレーヌを焼いている間に

  ロウが固まるの次の作業>>


みかんキャンドル1


みかんの蓋の部分に
ストローで空気穴を開けておきます。

穴の数が少ないと火の勢いが悪くすぐに消えてしまうのです。


さあ、火をつけてみましょう!

みかんキャンドル6


この状態で蓋をかぶせると・・・


みかんキャンドル2


蓋から煙がもくもく出てくるなら、
芯が長すぎるかもしれません。
ほんの少し芯を切って調整します。


ミカンは2日ほどするとしわしわにくたびれてしまいますので、
長期使用することはできません。


この日は子どもと一緒に参加したおばあちゃんたちも一緒に
みかんキャンドルを作りました。

火をともして蓋をすると・・・

部屋中にどこか懐かしい焼きミカンの香りと、
その一方でマドレーヌが焼けるいい匂いが漂っていました。

これからの季節クリスマス会にちょうどいいですね~(^v^)



☆入会される場合、入会金100円、月会費900円(新聞代含む)+サークル運営費が必要です☆

参加申し込み・お問い合わせはこちらまで
(ご連絡いたしますので、ご住所、お名前、電話番号をお書き添えください)
新婦人須磨支部 
TEL&FAX:078-731-0672 
メール  shinhujinsuma@gol.com
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

新日本婦人の会 須磨支部

新婦人須磨支部

Author:新婦人須磨支部

<<新婦人とは?>>

正式には『新日本婦人の会』といいます。
1962年女性運動の先駆者である平塚らいてう、いわさきちひろなど32人の呼びかけで創立。どんな悩みや要求もこの会に持ち込み、みんなの問題とすることができる会として、全国に1万の班があり、地域や職場でまわりの人々と手をつないで歩んできました。文化・趣味、健康などゆたかなサークル(小組)が全国で広がっています。2003年には国連の経済社会理事会の特別協議資格をもつ国連NGO(非政府組織)として認証され、世界の女性と連帯し活動しています。週刊の『新婦人しんぶん』、『月刊女性&運動』誌を発行する、個人参加の女性団体です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。